横浜市 青葉区 あざみ野 / 消化器科,内科,胃,大腸内視鏡検査,ピロリ菌,胃腸疾患,逆流性食道炎,機能性胃腸症(FD),過敏性腸症候群(IBS),生活習慣病,メタボリックシンドローム

ピースフルクリニック消化器科・内科

東急田園都市線「あざみ野」駅・「たまプラーザ」駅より バス「すすき野団地」下車 徒歩5分

〒225-0021 横浜市青葉区すすき野3-2-13
045-909-5517
診療受付時間
9:00~11:50
15:00~18:00

▲:土曜日午後の受付時間は15:00~17:00です

生活習慣病
Lifestyle disease

メタボリックシンドロームとは?

肥満につながる体脂肪の蓄積には、皮膚の下にたまる皮下脂肪型とお腹の臓器の周囲にたまる内臓脂肪型の2つのタイプがあるのをご存知でしょうか。

逆流性食道炎とは?

皮下脂肪型は下腹部やお尻のまわりに脂肪がつき、その体型から洋ナシ型とも呼ばれます。
これに対し、内臓脂肪型は上半身の内臓まわりに脂肪がつくもので、リンゴ型と呼ばれます。
内臓脂肪型は中高年の男性に多く見られ、女性では更年期を過ぎた頃から増えてきます。
肥満は、生活習慣病の一つとされていましたが、特に内臓脂肪の蓄積が、他の生活習慣病の原因となることがわかってきました。

 

皮下脂肪型の肥満(洋ナシ型肥満)

皮下脂肪型の肥満(洋ナシ型肥満)

お尻や太ももなどの皮下に脂肪がつき、下半身が太った感じになる。

 

内臓脂肪型の肥満(リンゴ型肥満)

内脂肪型の肥満(リンゴ型肥満)

お腹あたりの内臓まわりに脂肪がつき、上半身のボリュームが増す。

内臓脂肪が招くメタボリックシンドローム

内臓脂肪が招くメタボリックシンドローム

内臓脂肪の蓄積は、高脂血症につながる血液中の脂質の上昇だけでなく、脂肪細胞から分泌される物質が高血圧や糖尿病を発症させ、さらに動脈硬化に直接関与することがわかってきました。

内臓脂肪が原因で起こる個々の症状が重なった状態を「メタボリックシンドローム」と呼びます。 そして、高血圧、糖尿病、高脂血症など一つ一つの症状は軽くても、多く重なるほど動脈硬化の進展が促進され、危険性が高くなることが分かっています。

内臓脂肪の蓄積と高血圧の関係

一般に肥満のある高血圧患者様の場合、減量するだけで血圧が下がることがあります。つまり肥満が血圧を上げている場合があり、肥満と密接に関係しています。メタボリックシンドロームで血圧が高めの人も、内臓脂肪による肥満が血圧に関係していると考えられます。

 

肥満に伴う高血圧の成因

食べ過ぎると、食塩も取りすぎてしまいます。
また肥満は人によって体内のナトリウム排泄機能に異常を生じさせ、血圧を上昇させます。

 

インスリン抵抗性

肥満では、インスリンの抵抗性(インスリンの効きが鈍くなる)となり、ナトリウムの吸収が促されて血圧があがります。

 

交感神経の活性化

交感神経は、心臓の働きを活発にしたり、血管を収縮させます。
肥満では、この交感神経が刺激されて血圧が上昇します。

危険因子の数と心臓病の発症

メタボリックシンドロームの診断

メタボリックシンドロームの診断

メタボリックシンドロームの診断については、日本動脈硬化学会など関係8学会の合同委員会により、日本人に合わせた診断基準が設定されています。

最も重要なのが、内臓脂肪蓄積型の肥満です。おへその位置のウエスト周囲径が、「85cm以上」「女性で90cm以上」の人が対象となります。

 

※おへその位置に注意

計測する位置は、ズボンやスカートのサイズをはかるベルトの位置ではなく、上図のように、おへその位置のウエスト径をはかります。

治療は、内臓脂肪を減らす生活習慣の改善が基本

メタボリックシンドロームの治療では、その元凶である内臓脂肪を減らすことが最優先されます。内臓脂肪の蓄積は、過食や運動不足が主な原因ですが、体重を 減らすことで効果的に減らすことができます。

特に肥満のある高血圧患者様では、体重を減らすことは重要で、1㎏の減量で血圧は約2㎜Hg下がることがわかってます。

まずは、食生活や適度な運動など生活習慣の見直しを行い、蓄積した内臓脂肪を減少させ、肥満を解消することから始めましょう。

生活習慣を改善しても高血圧や糖尿病、高脂血症などが改善できない場合には、それぞれの症状にあわせた薬物療法が行われます。

  • まずは食生活の改善から
  • 適度な運動を心がける
  • 動脈硬化予防のためにも禁煙
  • 生活習慣を改善しても異常が続く場合には、による治療

食事療法のポイント

“量”を守る

「量」とは1日に摂取する総カロリーのこと。適正な総摂取カロリーの目安は、身長に合った標準体重×25~30Kcalで計算し、それを超えないようにすることが大切です。ただし、人は健康を維持するために最低限必要なカロリーをとる必要があります。
極端なダイエットは避け、過不足のない摂取が大切です。

 

“質”を守る

「質」とは、塩分と栄養のバランスです。特に高血圧ぎみの人は、塩分をひかえる必要があります。
食塩は健康な人でも8g以下、高血圧の人は1日6g未満に抑えます。また栄養のバランスは、肉類や、マヨネーズなど脂質によるカロリーの摂取を全体の 25%以内に抑えるようにし、穀類・野菜・乳製品などもバランスよくとるようにします。

pagetop